長府オレンジ歯科の取り組み|山口県下関市の医療法人永孝会が運営する歯医者さん

文字サイズ

矯正の種類と生活について

矯正治療はなぜ必要?

歯並びが悪くても、見た目さえがまんすれば……と思ってはいませんか? 歯並び・噛み合わせの乱れは、決して見た目だけの問題ではありません。そのまま放置していると、口内環境が乱れるだけでなく、全身にも悪影響を及ぼすこともあるのです。

そこで下関市の歯医者、医療法人永孝会「ゆめシティオレンジ歯科内科」「長府オレンジ歯科」では、矯正治療をご提案しています。こちらでは、矯正治療の必要性や治療に用いる装置についてご紹介します。

悪い歯並びが招く問題とは~矯正治療の必要性~

悪い歯並び・噛み合わせを放置していると、次のような問題が招かれてしまうことがあります。

コンプレックスを招く

歯は、人の印象を大きく左右する要素です。歯並びが乱れていると他人の目が気になり、口もとをいつも隠しがちになるなど、コンプレックスになってしまうことがあります。

消極的な性格になる

口もとが気になるばかりに、人前で思いきり笑えない、話しかけられないなど、消極的な性格になってしまうこともあります。

発音に支障が出る

発音には、息のもれ方や舌などが関わっています。歯並びが乱れていると、息がもれすぎたり舌の位置が定まらなかったりして、正しく発音できなくなってしまうことがあります。

胃腸に負担をかける

噛み合わせが悪いと食べ物をしっかり噛みくだけず、丸飲みしがちになって胃腸に負担をかけることに。そのために、栄養の吸収も妨げてしまいます。

虫歯・歯周病になりやすくなる

歯ブラシがすみずみまで行き届かず、汚れが残りがちになり、虫歯歯周病になりやすくなって、歯の寿命を縮めてしまいます。

全身のバランスが崩れる

噛むバランスが左右で違うと、顎から肩、全身へかかる力が乱れ、骨格などのゆがみを招いてしまいます。その結果肩こりや頭痛など、口内以外にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

矯正治療は、こういった悪影響を回避するために有効な治療だといえます。つまり、口もとの見た目の改善だけが目的なのではなく、心身の健康を手に入れ、毎日楽しく生活していくために重要な治療なのです。

矯正の種類

メタルブラケット

もっとも一般的といえる矯正治療です。金属製の小さな装置(ブラケット)を歯の表面に取り付け、ワイヤーを通して歯に力をかけて、正しい位置に導いていきます。比較的費用が抑えられるうえ、多くの症例に適用できる治療法です。

セラミックブラケット

メタルブラケットと同じしくみで、ブラケットに白いセラミック製のものを使用する方法です。白いため目立ちにくい点がメリットです。

ローフリクションブラケット

ブラケットとワイヤーの接触で生じる摩擦を低減した、新しい装置です。一般的なブラケットと比べて痛みが少ないうえに、治療期間を短縮できるというメリットがあります。

舌側矯正(裏側矯正)

歯の表面でなく、舌側(裏側)にブラケットを装着する治療法です。表から装置が見えないため、治療していることを他人に気づかれにくいのがメリットです。

マウスピース矯正

歯型を採って作製した透明なマウスピースを、歯の動きに合わせて一定期間ごとに交換し、歯を徐々に移動させていく治療法です。取り外しができることと透明なので目立たない点がメリットです。

長府オレンジ歯科

ゆめシティオレンジ歯科内科

Copyright © Eikokai Medical Corporation Orange dental offices All right reserved.

pagetop