長府オレンジ歯科の取り組み|山口県下関市の医療法人永孝会が運営する歯医者さん

文字サイズ

口腔外科

お口まわりのお悩みに対応します~口腔外科~

下関市の歯医者、医療法人永孝会「ゆめシティオレンジ歯科内科」「長府オレンジ歯科」では、虫歯や歯周病以外の治療にも口腔外科にて対応しています。たとえば身近なものでは、親知らず抜歯が挙げられます。そのほかにも、顎関節症やお口の中のできもの、お口まわりのケガなど幅広い治療が可能です。

「歯」以外のお口のお困りごとも、どうぞ当院までご相談ください。症状に適した治療をご提供します。

トラブルを招く前に親知らずを抜く

永久歯がすべて生えそろった後に、奥歯のさらに奥に生えてくる「親知らず」。もともとは通常の奥歯として使われていた歯ですが、食生活の変化によってやわらかい食べ物が増え、顎が発達しなくなった現代人にはスペースが足りず、曲がったり横を向いたりして生えることが多い歯です。

生えてくる人、生えてこない人がいますが、生えた場合には強い痛みや腫れのほか、虫歯や歯並びの乱れなど、さまざまなトラブルを招くことが多いため、できるだけ早めに抜歯したほうがいいといえます。

ただし、きちんと正しい向きで生えている場合には抜歯の必要はありません。まずは一度、親知らずの状態を拝見しますので、気になる方はぜひ当院までお越しください。

当院の口腔外科治療

当院の口腔外科では、以下の治療に対応しています。

顎関節症(がくかんせつしょう)

「口を開け閉めすると痛い」「顎がカクカク鳴る」「口を大きく開けられない」などの症状が現れる顎関節症。日常生活における習慣などから筋肉の緊張や噛み合わせの乱れを招き、顎関節に負担がかかって発症します。治療は原因の追求と除去を中心に痛みの軽減を図り、症状を緩和させていきます。

口腔粘膜疾患

歯ぐきや舌、上顎や頬の粘膜、唇などにできた炎症やできものなどの治療を行います。治りにくい口内炎などについても、お気軽にご相談ください。

良性・悪性腫瘍

お口の中のできものやただれなど、さまざまな腫瘍の検査・治療を行います。腫瘍には良性のものと悪性のもおのがありますので、定期的に検診を受けることをおすすめします。

歯性感染症(強い腫れや痛み)

虫歯菌や歯周病菌などの細菌を原因として、強い腫れや痛み、また膿が出るほか、発熱などの症状を招くことがあります。こういった場合には、患部の洗浄や内服・点滴による抗菌薬治療のほか、膿を出す外科処置などが必要になります。

外傷(スポーツ歯科)

スポーツ時の衝撃によって、唇や粘膜が切れた、歯が折れた・抜けた、顎を骨折したなどという場合の治療も口腔外科が対応します。まずはお電話にてご連絡いただき、できるだけ早くご来院ください。

口腔乾燥症(ドライマウス)

お口の中は、加齢によってだ液量が減ることで乾きやすくなります。またお口の中がネバネバする、舌がひりひり痛む、味覚がおかしくなった(苦味を感じる)などのトラブルが起きることも。

原因には、薬の副作用やストレス、だ液腺の異常などさまざまなものが考えられますので、まずは原因を追求し適切な治療を行うことが必要です。

長府オレンジ歯科

ゆめシティオレンジ歯科内科

Copyright © Eikokai Medical Corporation Orange dental offices All right reserved.

pagetop