長府オレンジ歯科の取り組み|山口県下関市の医療法人永孝会が運営する歯医者さん

文字サイズ

義歯・入れ歯

しっかり噛める入れ歯を~義歯・入れ歯~

「しっかり噛めない」「はめると痛い」「すぐにはずれる」……。入れ歯について、このようなことでお悩みではありませんか? こういった問題はその入れ歯がお口に合っていないことが原因で生じています。

下関市の歯医者、医療法人永孝会「ゆめシティオレンジ歯科内科」「長府オレンジ歯科」では、一人ひとりのお口の状態をきちんと把握し、ぴったり合った“噛める入れ歯”をおつくりします。入れ歯のお悩みは、当院までご相談ください。

入れ歯選びのポイント

入れ歯にはさまざまな種類があります。選ぶ際には次のポイントをチェックしましょう。

POINT1素材 POINT2
入れ歯には保険適用のものと自費治療になるものがあり、自費の場合にはさまざまな素材の選択肢があります。それぞれに特徴がありますので、ご自分のお口の状態や体質などに適したものを選ぶことが大切です。 入れ歯の床部分の状態は、つけ心地に大きく影響します。つけたときに違和感がないかよく確認し、問題があれば調整してもらいましょう。
POINT3見た目 POINT4強度
部分入れ歯の場合、まわりの歯の色と合っているか確認しましょう。審美性を求めるなら、バネのない部分入れ歯もあります。まわりの歯や歯ぐきとのバランスを見て、入れ歯をつくりましょう。 入れ歯は落としたり乾燥したりすると割れてしまったり、また食べ物の熱で変形することがあります。少しでも長く使用するためには、強度も追求することが大切です。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険が適用されるものと自費になるものがあります。その違いを比較してみましょう。

保険の入れ歯 自費の入れ歯
素材 床部分はレジン(歯科用プラスチック)に限られており、部分入れ歯の場合金属のバネを使用します。 制限はなく豊富な選択肢の中から優れた機能や見た目のものを選ぶことができます。
構造 保険適用内の設計になります。 最新の技術を用いて作製することも可能です。
審美性 入れ歯だと気づかれやすくなります。 自然な見た目を実現することができます。
装着感 床に厚みがあるため、どうしても違和感が生じてしまいます。 床を薄くできたり、フィット感のよいものを選べたりするため、違和感を抑えることができます。
噛み心地 硬い物が噛みにくいなど、噛む力はある程度しか回復できません。 保険のものより、噛みやすいものをつくれます。
熱伝導性 食べ物の温度は伝わりにくいといえます。 床に金属を使用すれば、食べ物の温度を伝えやすくなります。
修理 修理は比較的しやすいといえます。 素材によっては修理できないものもあります。
費用 保険適用のため、抑えられます。 自費診療になり、比較的高額になります。

当院の治療法

レジン床義歯

床部分がレジンでつくられた、保険の入れ歯です。床が厚いため装着時に違和感がありますが、費用を抑えられる点がメリットです。

金属床義歯

床部分に金属を使用した入れ歯です。床を薄くできるため軽量で、食べ物の温度も伝わりやすくなります。金属の種類には、金合金、コバルトクロム、チタンなどがあります。金属アレルギーのリスクがあります。

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯にある金属のバネ(クラスプ)をなくした入れ歯です。歯ぐき部分が、自然なピンク色のやわらかいシリコン素材でつくられているため、フィット感がよく、見た目にも目立ちにくいのがメリットです。

マグネットデンチャー

残っている歯根と入れ歯の内側の両方に磁石をつけ、磁力によって固定する入れ歯です。入れ歯につきものの、ズレやもたつきが解消されます。

コーヌスクローネデンチャー

茶筒のふたのようなしくみで、歯根側に内冠、入れ歯側に外冠を取り付け、はめこんで固定する入れ歯です。バネがないため目立ちにくいうえに、ズレやもたつきがなくなり噛みやすくなります。

シリコンデンチャー

床部分に、弾力性のある生体性シリコンを使用した入れ歯です。フィット感がよく、歯ぐきとの間に食べ物がはさまりにくくなります。

長府オレンジ歯科

ゆめシティオレンジ歯科内科

Copyright © Eikokai Medical Corporation Orange dental offices All right reserved.

pagetop