長府オレンジ歯科の取り組み|山口県下関市の医療法人永孝会が運営する歯医者さん

文字サイズ

矯正歯科

正しい歯並び・噛み合わせを手に入れましょう~矯正歯科~

歯並びの乱れには、出っ歯やすきっ歯、受け口などさまざまな症状があります。これらは見た目が気になるという問題だけでなく、お口の機能、そして全身の健康にも悪影響を与えることがあり、適切な治療で改善することが必要だといえます。

当院では矯正治療に力を入れています。歯並び・噛み合わせで気になるところがあれば、下関市の歯医者、医療法人永孝会「ゆめシティオレンジ歯科内科」「長府オレンジ歯科」の矯正歯科までご相談ください。

「歯並びが悪い……」その理由はクセが関係している?

矯正治療とは、歯に徐々に力をかけて正しい歯並びに導いていく治療です。実は歯並びが乱れる原因にも、これと同じように何らかの力が歯にかかっていることが考えられます。その一つが、日ごろの何気ないクセです。とくにもし、お子様に次のようなクセが思い当たる時は、できるだけ早くなおしてあげましょう。

歯並びが乱れる原因チェックリスト
~こんなクセ、ありませんか?~
  • 指しゃぶり
  • 爪・鉛筆などを噛む
  • 口呼吸
  • 下唇を噛む
  • 舌癖(ぜつへき:舌で前歯を押す、前歯の間から舌をつき出すなどの、歯並びを乱す原因になる悪いクセのこと)など

悪い歯並びが持つリスク

歯並びが乱れていると、お口だけでなく全身にもさまざまな悪影響を及ぼすといわれています。悪い歯並びが持つリスクには、以下のものが挙げられます。

RISK1 虫歯・歯周病を招く
食べカスが溜まりやすいうえに歯みがきしにくく、虫歯歯周病になりやすくなります。
RISK2 栄養の吸収を妨げる
食べ物をしっかり噛みくだけず、丸飲みしがちになって栄養の吸収を妨げてしまいます。また胃腸にも負担がかかります。
RISK3 発音に支障を来たす
舌の位置や空気のもれ方などが正しく定まらず、うまく発音できないことがあります。
RISK4 骨格にゆがみを招く
噛むバランスが崩れ、顎から顔、肩、全身の骨格バランスにも影響してゆがみを招くことがあります。
RISK5 コンプレックスになりやすい
乱れた歯並びが気になって、人前で口を開けられない、積極的になれない、などコンプレックスになってしまうことがあります。

当院の治療法

メタルブラケット

もっとも一般的といえる矯正治療です。金属製の小さな装置(ブラケット)を歯の表面に取り付け、ワイヤーを通して歯に力をかけて、正しい位置に導いていきます。比較的費用が抑えられるうえ、多くの症例に適用できる治療法です。

セラミックブラケット

メタルブラケットと同じしくみで、ブラケットに白いセラミック製のパーツを使用する方法です。白いため目立ちにくい点がメリットです。

舌側矯正(裏側矯正)

歯の表面でなく、舌側(裏側)にブラケットを装着する治療法です。表から装置が見えないため、治療していることを他人に気づかれにくいのがメリットです。

床矯正

顎が小さいお子様の成長期に行う治療です。入れ歯に似た取り外せる装置を、毎日就寝時などに一定時間装着し、歯がきちんと並ぶよう顎を広げていきます。取り外せるため、食事や歯みがきにも問題がありません。

長府オレンジ歯科

ゆめシティオレンジ歯科内科

Copyright © Eikokai Medical Corporation Orange dental offices All right reserved.

pagetop